石窟庵と仏国寺への究極の旅ガイド:行き方、費用、世界遺産の魅力を徹底解説!

2024年1月28日

 

はじめに

韓国の慶州市には、世界遺産に登録されている石窟庵と仏国寺(上の地図の①)という素晴らしい場所があります。これらの観光地は新羅王朝時代の仏教芸術の至宝であり、歴史や文化に興味がある人にとって必見のスポットです。この記事では、石窟庵と仏国寺への行き方、観覧料、世界遺産としての価値について詳しく解説します。

 

石窟庵と仏国寺の世界遺産としての価値

Seokguram-Grotto
石窟庵

「石窟庵と仏国寺(ソックラムとプルグクサ)」は、朝鮮半島を最初に統一した新羅の国で、宰相の金大城が751年、建立を始めました。金大城が亡くなった後も、国家で事業が継続し、774年に完成しました。金大城は石窟庵を前世の父母の為に、仏国寺を現生の父母の為に建立したといわれています。

世界遺産の登録基準は(i)(iv)が適用されています。

石窟庵の歴史と特徴

石窟庵は、1909年に偶然発見された遺跡で、花崗岩で造られた巨大な阿弥陀如来坐像が鎮座しています。この寺院は東向きに建てられており、日の出の景勝地としても有名です。本尊である釈迦如来坐像の位置は、夏至と冬至の朝日が当たるように設計されており、洞窟内に差し込む朝日によって宝石が輝き、気高く厳かな美しさに満ちています。 石窟庵には仁王像や四天王像などの仏教の守護神たちも立っており、ドーム型の天井には360個もの平らな石が組まれています。これらの特徴は、新羅時代の石造りの技術の傑作とされており、世界遺産に登録されるにふさわしい価値があると言えます。

Bulguksa-Temple
仏国寺

仏国寺の歴史と特徴

仏国寺は、新羅時代の宰相金大城が建立し、華厳思想に基づいて「極楽浄土」を再現した華美な建物とされています。増築・修復を繰り返し、最盛期には現在の10倍もの規模を誇っていました。国宝の4つの橋と多宝塔、釈迦塔も見どころであり、釈迦塔からは世界最古の木版印刷物も発見されています。 現在は10棟の建物が残っており、極楽殿に通じる蓮華橋や七宝橋なども見どころです。新羅仏教芸術の傑作と称えられる7つの国宝が現存しており、韓国随一の仏教古刹であると同時に、世界遺産に相応しい価値がある場所です。

石窟庵と仏国寺への行き方

Seokguram-Grotto
石窟庵

石窟庵へのアクセス

石窟庵へは、仏国寺前から12番バスが運行しています。7kmほどの距離ですが、バスで20分ほどで簡単にアクセスできます。ただし、バスは1時間に1本(毎時40分発)しか運行されていません。石窟庵へは山道を登って行く必要がありますが、その価値は十分にあります。また、石窟庵周辺にも駐車場やトイレ、売店などの施設が整っており、観光客に配慮された運営がされています。 石窟庵は国宝に指定されており、紅葉の時期には特に美しい景色が広がります。訪れる際には、早朝や夕方の時間帯がおすすめで、日の出や日の入りとともに、石窟庵の心安らぐ雰囲気を楽しむことができます。

Bulguksa-Temple
仏国寺

仏国寺へのアクセス

慶州市内中心部から循環している10番バスまたは11番バスに乗車して40分ほどで「仏国寺」に行くことができます。また、新慶州駅から700番バスで行くことができます。バスは便利でリーズナブルな交通手段であり、仏国寺までの距離も短いため、気軽に訪れることができます。 仏国寺は紅葉が美しいことでも知られており、日本語での説明文もあるため、歴史好きの日本人にも親しみやすいスポットです。また、周辺には宿泊施設や飲食店も多くあり、慶州観光の拠点としてもおすすめです。

観覧料について

Seokguram-Grotto
石窟庵

石窟庵の観覧料

石窟庵の観覧料は、大人5000ウォン、青少年や軍人は3500ウォン、子どもは2500ウォンです。現地でチケットを購入することができますが、事前にオンラインで予約することも可能です。料金がリーズナブルであることから、是非この世界遺産を訪れる際には、じっくりと観光を楽しんでください。 また、石窟庵の復元工事には問題があり、現在はガラス保護閣内で見学することになっています。このため、観光客にとっては多少の制約がありますが、それでも十分に価値のある観光名所であることは間違いありません。

Bulguksa-Temple
仏国寺

仏国寺の観覧料

仏国寺の観覧料は、大人5000ウォン、学生3500ウォンです。こちらも現地でチケットを購入するか、オンラインで予約が可能です。仏国寺には多くの国宝があるため、観光客にとって十分に満足できるスポットです。料金も手頃であることから、じっくりと歴史や文化を楽しむことができます。 また、仏国寺の観覧時間はそれぞれ異なるため、訪れる際には事前に確認しておくことがおすすめです。紅葉の時期に訪れると、特に美しい景色が楽しめるため、計画的に観光を楽しむことが重要です。

おすすめの周辺観光スポット

historical sites

新羅歴史科学館

慶州市には、新羅歴史科学館というユニークな観光スポットがあります。ここでは、石窟庵の科学的な秘密を詳しく解説しており、石窟庵の1/5サイズの模型も見ることができます。観覧時間は09:00~17:00で、観覧料は大人5000ウォン、学生3500ウォンです。新羅時代に興味がある人は是非足を運んでみてください。 また、慶州には他にも世界文化遺産があります。月城地区、皇龍寺地区、大陵苑地区、明活山城地区、南山地区など、新羅の千年の歴史を持つ数多くの文化遺跡が残っています。これらの地区を巡ることで、新羅時代の歴史や文化をより深く学ぶことができます。

慶州の名所・旧跡

月城地区には月城や東宮、瞻星台があります。月城は新羅王京復元事業の一環として発掘調査が行われており、発掘現場常時解説プログラム「月城イラン」もあります。瞻星台は善徳女王が造った天文台で、石築物であり、石の数や石段の段数などには科学的な意味が込められています。観覧時間は09:00~22:00で、観覧料は無料です。 慶州一番の夜景スポットとされる東宮と月池もおすすめです。新羅時代の王子たちが起居していた離宮があった場所で、現在は美しい景観が楽しめます。夜、ライトアップされた月池の周囲を散策するのは、慶州観光のひとつの見所と言えるでしょう。
お得な現地ツアーもありますので、以下のサイトで探してみると良いと思います。
購入はこちらから【KKday】

まとめ

慶州市の石窟庵と仏国寺は、世界遺産に登録された新羅王朝時代の歴史と文化が息づく観光名所です。アクセスも良く、観覧料もリーズナブルであるため、気軽に訪れることができます。また、周辺には新羅歴史科学館や慶州の名所・旧跡など、歴史と文化を感じることができるスポットが数多くあります。慶州観光の際には、石窟庵と仏国寺をぜひ訪れて、新羅王朝時代の歴史と美しい景観を楽しんでください。さらに、慶州周辺の観光スポットも巡ることで、より深い歴史や文化の理解を得ることができるでしょう。  

韓国の基本情報、交通、グルメなどの情報は、以下のサイトを参照ください。

よくある質問

1. 石窟庵と仏国寺はどのような場所ですか?

石窟庵と仏国寺は、韓国の慶州市にある世界遺産で、新羅王朝時代の仏教芸術の至宝です。両観光地は歴史や文化に興味がある人にとって必見のスポットであり、美しい景観と価値ある建造物が特徴です。

2. 石窟庵と仏国寺へのアクセス方法はありますか?

仏国寺へは、慶州市内中心部から循環している10番バスまたは11番バスに乗車するか、新慶州駅から700番バスで行くことができます。石窟庵へは仏国寺から12番バスが運行しており、バスで簡単にアクセスできます。また、両観光地周辺には駐車場もあります。

3. 石窟庵と仏国寺の観覧料はいくらですか?

石窟庵の観覧料は、大人は5000ウォン、青少年や軍人は3500ウォン、子どもは2500ウォンです。仏国寺の観覧料は、大人は5000ウォン、学生は3500ウォンです。現地でチケットを購入することができますが、オンラインで予約することも可能です。

4. 石窟庵と仏国寺の周辺には他に何がありますか?

慶州市近くには、新羅歴史科学館や月城地区、皇龍寺地区、大陵苑地区、明活山城地区、南山地区など、新羅時代の歴史や文化を感じることができる観光スポットがあります。また、慶州市内には宿泊施設や飲食店も数多くあり、観光の拠点としてもおすすめです。

韓国

Posted by kaz-travel