【旅行の計画】立て方は8つのポイントを意識しよう

旅行に行きたい!まずは計画を立てることから始めるのは分かるけど、「情報や選択肢が多い」、「すぐに好みの情報が見つからない」等の理由で、旅行計画を立てるのに疲れていませんか?

このページでは、旅行計画を立てるための8つのポイントについて分かりやすく説明します。旅行計画を楽しんで立てましょう。

旅行計画を立てる:8つのポイント

旅行計画を立てるポイントは、5W3Hを意識することです。ビジネスの現場でも、必要事項が漏れなくだぶりなく網羅される必要があることから、よく使われています。

5W3Hとは、5W1Hから派生した思考のフレームワークです。
5w1hとは次の5つのWと1つのHのことです。

・Who…誰が(“主体”を問う)
・When…いつ(“時期”を問う)
・Where…どこで(“場所”を問う)
・What…何を(“目的”を問う)
・Why…なぜ(“理由”を問う)
・How…どのように(“手段”を問う)

上記の5W1Hに下記の”2H”を追加したフレームワークが5W3Hです。

・How much…いくらか(“金額”を問う)
・How many…どのくらい(“規模”を問う)

旅行計画を立てる際にも応用できます。
次の段落ではどのようにして、応用するのか確認していきましょう。

旅行の計画を立てる:第1ステップ

5W3Hはどれも重要で考慮すべきことですが、一気にすべてを考えるのは難しいため、段階的に計画を立てて行きましょう。私は5W3Hの中で、以下2つを先に決めます。

・When…いつ(“時期”を問う)
 いつ行くのかを決める理由は、次のステップに関連しますが、行く季節等によって旅のテーマとなる、What…何を(“内容”を問う)が変わってくるからです。
 例えば、「日本国内の海で泳ぎたい」という希望があったとします。真冬の時期だと難しいですよね。
 また、夏休みや年末年始に旅行する場合は、How much…いくらか(“金額”を問う)が、高くなるでしょう。

・How many…どのくらい(“規模”を問う)
 How many days(何日)、How many people(何人)を決めましょう。理由は、先ほど同様、次のステップに関連しますが、何日いくのか、何人で行くのかによって、How much…いくらか(“金額”を問う)が変わってくるからです。
 例えば、ホテルの部屋を1人1部屋とするのと、2人1部屋とする場合では、2人1部屋の方が割安になるでしょう。
 また、何日いくのかという点は、土日休みの人、平日休みの人、有給休暇を何日取れるかによって、旅行日数が決まり、金額が変わります。

なお、Who…誰が(“主体”を問う)は、サイトを見ている「あなた」が主語と考えましょう。

旅行の計画を立てる:第2ステップ

第1ステップが決まったら、以下の残りを決めましょう。
・Where…どこで(“場所”を問う)
 行きたい場所がある場合は、行きたい場所で検索して情報を収集する。
 例:国内か海外か、旅の場所は、東西南北のどの方向か。

・What…何を(“目的”を問う)
 旅先で何をしたいかを決めましょう。
 例:その土地の美味しい料理を食べたい、温泉でリラックスしたい、世界遺産を見たい等

・How…どのように(“手段”を問う)
 例:旅行会社のパッケージツアー(ガイド付きか、フリープランか)、個人手配の旅行か。

・How much…いくらか(“金額”を問う)
 ある程度の予算が決まっているのか、それとも格安で旅行したいのか。
 格安で旅行したい場合は、夏休みや年末年始を避ける。
 可能であれば、平日出発、平日帰りを選択する。
 また、旅行の3ヶ月前には予約をしておくことをお勧めします。
 例:5つ星ホテルに泊まりたい、ビジネスクラスで旅をしたい

なお、Why…なぜ(“理由”を問う)は、旅行をしたいあなたは、ビジネスをするわけではないので、あまり気にする必要はないでしょう。例えば、配偶者や恋人以外の人と旅行に行く場合は、Why…なぜをしっかり考えましょう。誤解を生むことになりますので・・・汗

旅行の計画を立てる:第3ステップ

5W3Hが決まったら、希望条件に合う旅行プランを検索しましょう。

旅行の計画を立てる:まとめ

5W3Hを決めることで、あなたが探している旅行の計画が検索できます。

・Who…誰が(“主体”を問う)
・When…いつ(“時期”を問う)
・Where…どこで(“場所”を問う)
・What…何を(“目的”を問う)
・Why…なぜ(“理由”を問う)
・How…どのように(“手段”を問う)
・How much…いくらか(“金額”を問う)
・How many…どのくらい(“規模”を問う)