姫路城の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

2023年12月31日

 

姫路城の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

姫路城(上の地図の②)は歴史的で重要な城であり、世界遺産(文化遺産)に登録されています。魅力的な姫路城への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説いたします。旅行の計画に役立つことに役立ち、あなたの旅がより充実することを切に願っています。



姫路城への行き方

Himeji-castle
姫路城

旅行に行く時期にもよりますが、繁忙期(GW、夏休み、冬休み等)を外した安い時期の1人旅で4万円程度かかります。(1泊2日基準)

東京から姫路城への行き方は、以下の通りです。

1.新幹線
 ・東海道新幹線(東京駅⇒姫路駅)3時間 片道17,000円程度

2.飛行機
 ・羽田⇒大阪伊丹⇒JR姫路駅(1時間50分)
   ANA、JAL 片道14,000円程度

 ・成田⇒関西空港⇒JR姫路駅(2時間半)
   Jetstar、Peach  片道6,000円程度

3.夜行バス
 ・東京駅⇒JR大阪駅 9時間 片道6,000円~9,000円程度

観光に必要な日数

一般的なスケジュールは、訪れたい場所にもよりますが東京からは、1泊2日や2泊3日で楽しめることが多いです。

ベストシーズン

一般的には春と秋が適しています。

・春(4月から5月)
 桜の季節であり、姫路城周辺の桜並木や城内庭園などが美しい桜で彩られます。4月中旬から下旬が桜の見頃で、城と桜が一緒に楽しめる時期です。春の穏やかな気候で、城の周辺も散策しやすい季節です。

・秋(10月から11月)
 紅葉の季節で、姫路城の周辺が赤や黄色に染まります。10月下旬から11月上旬が紅葉の見頃で、特に城の周りの庭園や枯山水庭園が美しいです。涼しい秋の風が心地よく、観光がしやすい時期です。

姫路城は四季折々の風景が楽しめる城として知られています。特に桜や紅葉の季節は、城の美しさを一層引き立てます。ただし、これらの季節は観光が混雑することがありますので、余裕をもって計画を立てると良いでしょう。

世界遺産の価値

Himeji-castle
姫路城

姫路城は国宝であり、日本三名城の一つとされています。城内には歴史や文化に触れる展示物もあり、城郭の美しさだけでなく、歴史愛好者にもおすすめの観光スポットです。

1.概要

 ・登録基準(i)(iv)が適用されている。
 ・8棟が国宝、残る74棟が重要文化財に指定されている。
 ・複雑な構造の配置や屋根の重ね方を組み合させる独特の工夫、らせん状の曲輪、矢や鉄砲を撃ちかけるための狭間など、工夫がされている。
 ・世界的にも珍しい木造城郭建築の中でも最も保存状態が良いとされる。

2.歴史
 ・16世紀末、豊臣秀吉は毛利家攻略の拠点として、姫路の既存城郭を改築、3層天守を含む城郭とした。
 ・1601~1609年にかけて、池田輝政が改築、5層大天守、二重堀の曲輪など造営した。
 ・1617年本多忠政が西の丸の整備(長男忠刻とその妻千姫の居所)に着手した。
 ・明治時代に軍用地、取り壊しの危機にさらされる。
 ・1919年「史跡名勝天然記念物保護法」、1931年に国宝に指定された。
 ・1934年豪雨で大被害を受け修復作業をするも、戦争で中断を余儀なくされる。
 ・1956年から昭和の大修理(大天守の解体修理、RC製の基礎構造部に取替えなど)が実施された。
 ・2009年から5年半に及ぶ平成の大修理(漆喰の塗り替え、瓦の全面吹き直など)が実施された。

3.構成資産の概要

天守群 内郭北東部の最も高い位置、唐破風や千鳥破風を持つ屋根を5層重ねた望楼型天守、3層の屋根を持つ東小天守・乾小天守・西小天守、それぞれの間を廊下状の櫓(渡櫓)
西の丸 本多忠政築造の居住用曲輪、御殿は現存せず、化粧櫓、長局
備前丸

天守群の南の曲輪跡、かつては城主居館の本丸御殿(1882年火災で消失)

通路

天守群に向かい次第に高くなる設計、要衝に門櫓

Himeji-castle
姫路城

まとめ

姫路城への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説してきました。ポイントを以下にまとめます。

 ・旅行にかかる費用は、1泊2日で4万円(繁忙期を除く)程度です。
 ・春と秋がベストシーズン
となる。
 ・8棟が国宝、残る74棟が重要文化財に指定されている。
 ・複雑な構造の配置や屋根の重ね方を組み合させる独特の工夫、らせん状の曲輪、矢や鉄砲を撃ちかけるための狭間など、工夫がされている。
 ・世界的にも珍しい木造城郭建築の中でも最も保存状態が良いとされる。

旅行することで様々な経験が出来て、人生が豊かになることでしょう。思い立ったら、興味の沸く場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

世界遺産に興味を持たれた方は、世界遺産検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。
世界遺産検定公式HP