北海道・北東北の縄文遺跡群の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

 

北海道・北東北の縄文遺跡群の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

北海道・北東北の縄文遺跡群(上の地図の㉔)は北海道・北東北にある古墳群の名称であり、世界遺産(文化遺産)に登録されています。北海道・北東北の縄文遺跡群への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説いたします。旅行の計画に役立つことに役立ち、あなたの旅がより充実することを切に願っています。



北海道・北東北の縄文遺跡群への行き方

sannaimaruyama-site
三内丸山遺跡


旅行に行く時期にもよりますが、繁忙期(GW、夏休み、冬休み等)を外した安い時期の1人旅で4万円程度かかります。(1泊2日基準)

東京から北海道・北東北の縄文遺跡群への行き方は、以下の通りです。

1.飛行機
 ・羽田空港⇒新千歳空港
   1時間半、ANA、JALで片道14,000円程度

    ・成田空港⇒新千歳空港
   2時間半、JetStarで片道7,000円程度

 ・羽田空港⇒青森空港
   1時間20分、JALで片道20,000円程度

 ・羽田空港⇒秋田空港
   1時間15分、ANA、JALで片道17,000円程度

 ・羽田空港⇒大館能代空港
   1時間10分、ANAで片道18,000円程度

2.新幹線
 ・東北新幹線(東京駅⇒新青森駅)
   3時間20分 片道17,000円程度

3.バス+JR
 ・東京駅⇒青森駅
   11時間 片道4,500円~7,000円程度

北海道・北東北の縄文遺跡群

sannaimaruyama-site
三内丸山遺跡

観光に必要な日数

一般的なスケジュールは、訪れたい場所にもよりますが東京からは、1泊2日で楽しめることが多いです。

ベストシーズン

北海道・北東北の縄文遺跡群は通年で観光が可能ですが、ベストシーズンは季節や天候によって異なります。
 
・桜の季節(春)
 通常、3月から4月にかけて桜の花が咲きます。この時期は、百舌鳥・古市古墳群周辺も桜が咲き誇り、風景が美しくなります。花見と古墳群の歴史巡りを組み合わせると、素晴らしい体験ができるでしょう。
 
・秋の紅葉(秋)
 11月から12月にかけて、紅葉が見頃を迎えます。この時期は、古墳群周辺の木々が色づき、美しい景色が広がります。歴史的な遺跡と秋の風情を楽しむことができます。

世界遺産の価値

kitakogane-site
北黄金貝塚


北海道・北東北の縄文遺跡群は、大阪府堺市、大阪府藤井寺市、羽曳野市にある古墳群の名称です。

1.概要

 ・登録基準(iii)(v)が適用されている。
 ・北海道、青森、秋田、岩手の4道県に点在する17の先史時代の遺跡
 ・紀元前13,000年~紀元前400年頃、採集・漁労・狩猟で定住した縄文時代の集落生活、精神文化などを証明
 ・山地・丘陵・平地・低地など変化に富んだ地形、内湾・湖沼・水量豊富な河川
 ・ブナ林を中心とする冷温帯落葉広葉樹の森林
 ・暖流と寒流とが交差し豊かな漁場、サケ・マスなどの回遊魚が遡上
 
2.歴史

 ・縄文時代を「定住の開始」「定住の発展」「定住の成熟」の3つに分け、更にそれぞれを2つに分けた6つの時代区分
 ・定住開始の初期から高度な精神文化を構築(墓地・祭祀・儀礼の場である捨て場、盛土、環状列石)
 ・祖先崇拝や自然崇拝とともに、豊穣への祈念や互いの絆の確認などを行っていた

3.構成資産の概要

kitakogane-site
北黄金貝塚

縄文時代を「定住の開始」「定住の発展」「定住の成熟」の3つに分け、更にそれぞれを2つに分けた6つの時代区分に、17の構成資産を分類しています。

1.定住の開始

大平おおだい山元やまもと遺跡 縄文時代のはじまりを示す遺跡 青森県外ヶ浜町
垣ノ島かきのしま遺跡 居住域と墓域の分離を示す集落跡 北海道函館市

2.定住の発展

北黄金きたこがね貝塚 内浦湾に面した大規模な貝塚を伴う集落跡 北海道伊達市
田小屋野たごやの貝塚 古十三湖に面した貝塚を伴う集落跡 青森県つがる市
二ツ森ふたつもり貝塚 海水性及び汽水性の貝塚が環境の変化を表す集落跡 青森県七戸町
三内さんない丸山まるやま遺跡 多様な施設で構成される大規模な拠点集落 青森県青森市
大船おおふね遺跡 祭祀場が発達した拠点集落跡 北海道函館市
御所野ごしょの遺跡 墓域と祭祀場を中心とした拠点集落 岩手県一戸町

3.定住の成熟

入江いりえ高砂たかさご貝塚(入江貝塚) 共同の祭祀場や墓地を支えた集落跡 北海道洞爺湖町
小牧野こまきの遺跡 複雑な配石構造を持つ大規模な環状列石 青森県青森市
伊勢堂岱いせどうたい遺跡 4つの環状列石が集中した祭祀遺跡 秋田県北秋田市
大湯おおゆ環状列石 規則的な構造を示す2つの環状列石 秋田県鹿角市
キウス周堤墓しゅうていぼ 高い土手で囲まれた共同墓地 北海道千歳市
大森おおもり勝山かつやま遺跡 岩木山麓につくられた大規模な環状列石 青森県弘前市
入江いりえ高砂たかさご貝塚(高砂貝塚) 内浦湾に面した共同墓地 北海道洞爺湖町
亀ヶ岡石器時代かめがおかせっきじだい遺跡 芸術性豊かな土偶や多彩な副葬品が出土した共同墓地 青森県つがる市
是川これかわ石器時代せっきじだい遺跡 竪穴建物・土坑墓・水場・捨て場などを伴う集落跡 青森県八戸市

 

まとめ

北海道・北東北の縄文遺跡群への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説してきました。ポイントを以下にまとめます。

 ・旅行にかかる費用は、1泊2日で4万円(繁忙期を除く)程度です。

 ・北海道、青森、秋田、岩手の4道県に点在する17の先史時代の遺跡
 ・紀元前13,000年~紀元前400年頃、採集・漁労・狩猟で定住した縄文時代の集落生活、精神文化などを証明
 ・山地・丘陵・平地・低地など変化に富んだ地形、内湾・湖沼・水量豊富な河川
 ・ブナ林を中心とする冷温帯落葉広葉樹の森林
 ・暖流と寒流とが交差し豊かな漁場、サケ・マスなどの回遊魚が遡上

旅行することで様々な経験が出来て、人生が豊かになることでしょう。思い立ったら、興味の沸く場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

世界遺産に興味を持たれた方は、世界遺産検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。
世界遺産検定公式HP