古都奈良の文化財の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

 

古都奈良の文化財の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

古都奈良の文化財(上の地図の⑨)は歴史的で重要な寺院であり、世界遺産(文化遺産)に登録されています。魅力的な古都奈良の文化財の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説いたします。旅行の計画に役立つことに役立ち、あなたの旅がより充実することを切に願っています。



古都奈良の文化財への行き方

 
Kasugataisha -Shrine
春日大社

旅行に行く時期にもよりますが、繁忙期(GW、夏休み、冬休み等)を外した安い時期の1人旅で4万円程度かかります。(1泊2日基準)

東京から古都奈良の文化財の行き方は、以下の通りです。

1.新幹線
 ・東海道新幹線(東京駅⇒京都駅)、近鉄奈良線 3時間半 片道14,000円程度

2.飛行機
 ・羽田⇒大阪伊丹⇒JR奈良駅(1時間半)
   ANA、JAL 片道14,000円程度

 ・成田⇒関西空港⇒JR奈良駅(1時間半)
   Jetstar、Peach  片道6,000円程度

3.夜行バス
 ・東京駅⇒JR奈良駅 9時間 片道3,500円~9,000円程度

観光に必要な日数

一般的なスケジュールは、訪れたい場所にもよりますが東京からは、1泊2日や2泊3日で楽しめることが多いです。

ベストシーズン

一般的には春と秋が適しています。

・春(3月から5月)
 桜のシーズンが奈良を美しく彩ります。春には桜の花が咲き誇り、奈良の公園や寺院の境内が桜で彩られる様子は美しいです。暖かい陽気と花々の美しさを楽しみながら歴史的な文化財を訪れることができます。

・秋(9月から11月)
 紅葉が見頃を迎える季節で、奈良の寺院や公園も美しい秋の色に包まれます。
観光地が比較的穏やかな気候であり、混雑が少ないことがあります。これにより、ゆっくりと文化財を楽しむことができます。

これに加えて、夏季(6月から8月)は多くの場合、暑く湿度が高いため、暑さに注意が必要です。冬季(12月から2月)は寒い日がありますが、寺院や公園の雪景色で美しい景観が見られます。

世界遺産の価値

Yakushi-ji-Temple
薬師寺

古都奈良の文化財は、春日大社や東大寺など重要な寺院が多くあります。

1.概要
 ・登録基準(ii)(iii)(iv)(vi)が適用されている。
 ・唐の首都長安をモデルに造営された寺院、春日山原始林を含む計8件が登録されている。
 ・一貫した仏教興隆政策のもとで、当時10万人が暮らしていた。

2.歴史
 ・708年、元明天皇が平城京を造営した。、710年の遷都後、74年にわたり日本の政治、経済、文化の中心としての役割を果たした。
 ・745年に東大寺の建造が発願され、759年に唐招提寺の建立が始まった。
 ・756年の東大寺山堺四至図(絵図)では、春日山西麓が神地とされており、768年に春日大社が創建されるが、それ以前に神社が完成していた可能性もある。
 ・平安京に遷都した後も、寺院の一部は朝廷の保護下におかれ、平安時代末期の内乱で壊滅的被害を受け、室町時代に寺院が衰退した。
 ・明治維新後に文化財を軽視する風潮は、後に古社寺保存法、国宝保存法、史跡名勝天然記念物保護法で保護されるようになった。
 ・2011年の平城京遷都1300年祭の仮設物撤去、大和北道路の建設、平城宮復元の真正性等の課題→2015年1月までに包括的保全計画書が提出された。
 ・春日山原始林のバッファー・ゾーンにおけるモノレール建設が計画され、ICOMOSから計画変更を求められた。

3.構成資産の概要

元興寺 6世紀に蘇我馬子が建立した飛鳥寺が起源。8世紀の平城京に移築された。南都(平城京)七大寺の1つ、本堂に飛鳥時代の瓦が残る。
興福寺 平城京への遷都に伴い移築の寺院を起源とされる。710年藤原不比等が移築した後に藤原氏の氏寺とされた。
薬師寺

680年に天武天皇の発願で建立。718年、藤原京から移築された。金堂前面東西に白鳳文化の三重塔(薬師寺伽藍配置)、現存するのは東塔のみ。

春日大社

藤原氏の氏神をまつる神社、平安後期に興福寺と一体化されたが、明治の神仏分離令で分離。本殿は春日造り、春日神の四柱(武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神)

春日山原始林

春日大社周辺と御蓋山(三笠山)、春日山は聖域、841年に狩猟伐採禁止、水神雷神は都の守護神とされていた。

平城宮跡

1955年から発掘調査を開始。

唐招提寺

鑑真が創建、金堂は奈良時代の金堂建築として唯一残存

東大寺

南大門、法華堂、鐘楼、金堂(大仏殿)、銅造廬舎那仏座像(大仏)、開山堂、転害門、本坊経庫、正倉院正倉が国宝

 

まとめ

古都奈良の文化財への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説してきました。ポイントを以下にまとめます。

 ・旅行にかかる費用は、1泊2日で4万円(繁忙期を除く)程度です。
 ・春と秋がベストシーズン
となる。
 ・現存する世界最古の木造建造物である。
 ・聖徳太子ゆかりの寺院である。
 ・柱の中央が膨らむエンタシスの技法を採用した。
 ・法隆寺の登録→「真正性における奈良会議」→「奈良文書」(1994年)

旅行することで様々な経験が出来て、人生が豊かになることでしょう。思い立ったら、興味の沸く場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

世界遺産に興味を持たれた方は、世界遺産検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。
世界遺産検定公式HP