知床への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

2023年12月12日

 

知床への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

知床(上の地図の⑬)は美しい自然景観を備え、世界遺産(自然遺産)に登録されています。魅力的な知床への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説いたします。旅行の計画に役立つことに役立ち、あなたの旅がより充実することを切に願っています。



知床への行き方

 
shiretoko

旅行に行く時期にもよりますが、繁忙期(GW、夏休み、冬休み等)を外した安い時期の1人旅で4万円~7万円程度かかります。(1泊2日基準)

東京から知床への行き方は、飛行機一択でしょう。
新幹線で函館まで行って、そこから知床にアクセスする方法も取れますが、時間的な余裕がある方でゆっくりのんびり旅がしたい方は良いですが、移動に時間がかかりすぎます。

1.飛行機
 ・女満別空港(最寄り)
 ・釧路空港

2.レンタカーまたはバス+JR
 ・女満別空港から知床(ウトロ)まで
  レンタカー:約2時間15分、98KM
  斜里バス:約2時間15分

 ・釧路空港から知床(ウトロ)まで
  レンタカー:約3時間30分、180KM
  バス:45分(空港⇒釧路駅)+JR:2時間15分(釧路駅⇒知床斜里駅)+バス:1時間(知床斜里駅⇒知床(ウトロ)):合計約4時間

観光に必要な日数

知床観光の一般的なスケジュールは、訪れたい場所にもよりますが1泊2日~2泊3日となります。
散策を楽しめる知床五湖、オシンコシンの滝、カムイワッカ湯の滝、プユニ岬などを含む知床八景、雄大な景色を楽しめる観光船、ウニ、カニ、鮭、ホタテ、鹿肉など知床の大自然から生み出されるグルメなど、ここにしかない魅力がぎゅっと凝縮しています。

ベストシーズン

登山やトレッキングを楽しむなら6~10月がおすすめ。雪が残る知床連山、美しい植物や花々、紅葉などの素晴らしい景色が見られます。それ以外は冬の季節になるので、雪が降り積もり交通規制がかかることが多いですが、スノーアクティビティや流氷を体感するイベントを楽しむことができます。

世界遺産の価値

 
shiretoko

知床は、北海道の北東部にあるオホーツク海に突き出すように延びた半島で、その名前はアイヌ語で「地の果て」を意味します。知床は自然の美しさと豊かな生態系で知られます。2005年に世界自然遺産に登録されています。

1.概要
 ・登録基準(ix)(x)が適用されている。
 ・地球で最も低い緯度で海水が結氷する季節海氷域に位置している。
 ・海には季節海氷(流氷)、暖流の宗谷海流と寒流の東樺太海流の境界線が海洋生物を育む。
 ・知床半島の中央に知床連山、湖沼や湿原、河川、硫黄孔原、森林等、変化に富む自然環境が広がる。
 ・海底の「堆積岩」で覆われ地滑りを起こしやすい。

2.歴史
 ・人が住み始めたのは、1万年前頃である。
 ・800年前から北海道の民族と海洋狩猟民族が吸収同化しアイヌ民族と考えられている。
 ・アイヌ民族はシマフクロウ・シャチ・ヒグマを神として信仰、130年前まで手つかずの自然を有する。
 ・明治時代開拓が進むも、知床半島の厳しい自然環境でほとんど影響なし。
 ・1914、1935、1949年の3度の入植に全て失敗、1966年までに開拓者が撤退した。
 ・1964年自然公園法に基づき国立公園に指定
 ・1977年自治体の「しれとこ100平方メートル運動」(日本初のナショナル・トラスト運動)

3.季節海氷域
 ・隔絶されたオホーツク海はユーラシア大陸からの流水で海面付近に塩分のうすい層が生成されている。
 ・海水の塩分濃度差で濃度の低い表層の海水のみ冷却されることが日本唯一の季節海氷域の要因である。

4.地形と気候
 ・北米プレートに太平洋プレートが潜り込むことで生じた隆起と火山活動で半島を形成している。
 ・最高峰羅臼岳(1,660m)、知床連山が東西を分断している。
 ・オホーツク海ウトロ側は火山噴出物が浸食の海食崖、フェーン現象と宗谷海流で温暖少雨である。
 ・根室海峡羅臼側はなだらかな海岸、夏場は太平洋からの湿った南東風で多雨、海霧で低温である。
 ・ウトロ側は観光、羅臼側は漁業が主要産業である。

5.動植物
 (1)植物プランクトン大量発生に端を発する食物連鎖  
  ・冬に海氷下に生じる濃塩水(ブライン)の降下で活発化した対流により下層の栄養塩が海面へ
  ・海氷氷解が始まる春頃にアイス・アルジー等の植物プランクトンが大増殖
  ・それを餌とするオキアミ、小エビ等の動物プランクトンが増殖
  ・それを餌とする小魚や貝類が繁殖
  ・近海にはサケ、マス、アザラシ、オオワシ、オジロワシ等が集まる
  ・遡上するサケ・マスは森林のキタキツネ、ヒグマ、シマフクロウの餌となる

(2)針広混交林と植物の垂直分布
  ・海岸線にはハマナス、イワベンケイ等の温帯植物が存在する。
  ・低標高地ではミズナラ、シナノキなどの冷温帯性落葉広葉樹が存在する。
  ・標高が上がるにつれ、トドマツ等の亜寒帯性常緑針葉樹林、混成した針広混交林が広がる。
  ・高標高地ではダケカンバ等の亜高山帯が広がる。
  ・森林限界の標高1,100mを超えるとハイマツの低木林帯が広がる。

(3)多様な動物
  ・魚類:北方系のオヒョウ・オオカミウオ、南方系のマンボウ・ハリセンボン
  ・海生哺乳類:トド、ミンククジラ
  ・鳥類:シマフクロウ、オジロワシ、オオワシ(天然記念物)

shiretoko

まとめ

知床への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説してきました。ポイントを以下にまとめます。

 ・旅行にかかる費用は、1泊2日で4万円~7万円(繁忙期を除く)程度です。
 ・新緑が広がるの5月頃~紅葉が終わる10月頃までがベストシーズン
となる。
 ・日本固有種のブナの純林(ヨーロッパの純林の5~6倍の植物相の多様性)である。
 ・固有種:アオモリマンテマ
 ・準固有種:ツガルミセバヤ、ミツモリミミナグサ、オガタチイチゴツナギ
 ・ニホンカモシカ(特別天然記念物)、ニホンザル、ツキノワグマ、ホンドリス、トウホクウサギ、ヤマネ、オコジョ、モモンガ等
 ・クマゲラ、イヌワシ(ともに天然記念物)

旅行することで様々な経験が出来て、人生が豊かになることでしょう。思い立ったら、興味の沸く場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

世界遺産に興味を持たれた方は、世界遺産検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。
世界遺産検定公式HP