奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

 

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の価値

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(上の地図の㉕)は鹿児島・沖縄にある地域の名称であり、世界遺産(自然遺産)に登録されています。奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説いたします。旅行の計画に役立つことに役立ち、あなたの旅がより充実することを切に願っています。



奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島への行き方

okinawa-rail
ヤンバルクイナ

旅行に行く時期にもよりますが、徳之島を除いて、繁忙期(GW、夏休み、冬休み等)を外した安い時期の1人旅で5万円程度かかります。(2泊3日基準)徳之島は12万円程度かかります。

東京から奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島への行き方は、以下の通りです。

1.奄美大島
 羽田空港⇒奄美空港
  2時間30分、スカイマークで20,000円程度、JALで24,000円程度

 成田空港⇒奄美空港
  3時間、Peachで8,000円程度

2.徳之島
 羽田空港や成田空港から直行便はないので、鹿児島経由、奄美大島経由となります。

 羽田空港⇒鹿児島空港⇒徳之島空港
  3時間40分(乗り継ぎ時間含む)、JALで片道7万円程度
  鹿児島空港までをLCCを利用すると、片道45,000円程度で航空券代を安くできますが、乗り継ぎ時間が多くかかります。

3.沖縄島北部
 羽田空港⇒那覇空港
  3時間、ANA、JALで片道20,000円程度、ソラシドエアで片道13,000円程度
 成田空港⇒那覇空港
  3時間40分、Peachで片道8,000円程度

4.西表島
 西表島には空港がありません。石垣島から西表島へのフェリーを利用します。

 羽田空港⇒石垣空港
  3時間30分、ANA、JALで片道20,000円程度
 成田空港⇒石垣空港
  4時間、Peachで片道13,000円程度

石垣島の石垣港離島ターミナルから西表島への定期運航便は、「八重山観光フェリー」「安栄観光」の2社の船がでています。石垣島空港からは空港線路線バスやタクシーで30分程度の所要時間です。
北側の上原港と南側の大原港(仲間港)の2つがあるため、西表島内のどこに行くかでそれぞれのフェリー時間をチェックしましょう。
西表島へのフェリーの時刻表・料金表 | 沖縄フェリーNAVI (ferry-navi.com)

観光に必要な日数

一般的なスケジュールは、訪れたい場所にもよりますが東京からは、2泊3日で楽しめることが多いです。

ベストシーズン

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島は通年で観光が可能ですが、ベストシーズンは季節や天候によって異なります。
 
1.奄美大島
 春(3月から5月): 気温が過ごしやすくなり、植物が芽吹く時期です。この時期は自然が美しいです。
 秋(10月から11月): 涼しくて過ごしやすく、海も穏やかなので、ビーチや水中スポーツが楽しめます。

2.徳之島
 春(3月から5月): 気温が上がり、新緑が美しい季節です。徳之島の自然や風景が最も美しい時期と言えます。

3.沖縄島北部(本部町、名護市周辺)
 秋(10月から11月): 涼しくなり、観光地も混雑が少なくなるため、リラックスして観光できます。
 冬(12月から2月): 通常は温暖ですが、比較的過ごしやすくなる時期です。

4.西表島
 春(3月から5月): 涼しく、植物が豊かな緑に覆われる季節です。
 夏(6月から8月): 海水温も上がり、西表島周辺の海でのアクティビティが楽しめます。

世界遺産の価値

PrimevalForest
原生林


奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島は、鹿児島、沖縄にある地域の名称です。

1.概要

 ・登録基準(x)が適用されている。
 ・中琉球の奄美大島と徳之島(※)、沖縄島、南琉球の西表島にある5つのエリアで構成
  ※徳之島だけ2つのエリアに分かれる
 ・登録基準10「絶滅危惧種を含む生物多様性」、日本で知床に続いて2件目
 ・登録基準9はIUCNは否定、日本の自然遺産で唯一認められず
 
2.動植物

 ・黒潮と亜熱帯性高気圧の影響で温暖・多湿な亜熱帯性気候、主に常緑広葉樹多雨林
 ・日本の中でも生物多様性が極めて高い地域である中琉球と南琉球を代表するエリア
 ・大陸でオリジナルの種が絶滅した後も進化を続けた遺存固有種や独特な進化
 ・ヤンバルクイナ、アマミノクロウサギ、イリオモテヤマネコ、ルリカケスなど

3.構成資産の概要

Iriomote-wildcat
イリオモテヤマネコ

1.奄美大島
 太古の昔、大陸から孤絶してできた島であり、残された生物には天敵がいなかったため、現在もこの地で生命を繋いでいます。その代表格がアマミノクロウサギやルリカケス、オオトラツグミなどの固有種です。

島の北部はなだらかな地形なのに対し、中南部は土地の9割が山林を占める険しい地形となっています。年間3,000mm以上降る大量の雨により、亜熱帯性広葉樹林と熱帯系の樹林、シダ類が豊かな森を育んでいます。奄美大島が北限のヒカゲヘゴやオキナワウラジロガシ、クワズイモなどが鬱蒼と生い茂り、希少な動物たちにすみかとなっています。島の中央部にある金作原やマングローブ原生林では、生物の多様性を体感することができます。

2.徳之島
 天城岳・井之川岳・犬田布岳を中心とした徳之島の山岳地帯には、スダジイやオキナワウラジロガシなどの常緑広葉樹の森林が広がっています。森林にはアマミノクロウサギをはじめとする希少な動植物が多数生息していますが、トクノシマトゲネズミやオビトカゲモドキ、トクノシマエビネなど、徳之島の固有種も少なくありません。

このような希少生物が生息する山地は島の中央部にあり、その周緑部を石灰岩の台地が取り巻いています。海岸線に向かって緩やかに傾斜した台地にはサトウキビ畑やゴマ畑が広がり、さらに海岸部まで出ると、浸食されてできた奇岩や南の島では珍しい花崗岩の海岸「ムシロ瀬」も見ることができます。

3.沖縄島北部
 沖縄島北部に位置する国頭村、大宜味村、東村は「やんばる」と呼ばれている自然豊かなエリア。3村それぞれに異なる景観や個性をもっており、周遊しながら世界自然遺産を体感できるのが魅力のひとつです。

世界的にも貴重な自然の宝庫で、上から見るとブロッコリーのようなモコモコとした形状をしている照葉樹林があります。「イタジイ(スダジイ)」が森のおよそ70%を占めており、巨大な木生シダ「ヒカゲヘゴ」など多種多様な植物が茂っています。

ヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネといった希少生物が多数生息しています。

4.西表島
 沖縄本島に次ぐ面積を誇る西表島は、島内のおよそ90%が亜熱帯の自然林で覆われています。長い時間をかけて島の固有種となったイリオモテヤマネコは、国指定特別天然記念物及び絶滅危惧種に指定されています。
ヤエヤマヒルギやニッパヤシなど、日本に生育しているマングローブ植物は7種ですが、そのすべてが分布しているのは国内では西表島だけです。

black-rabbit
アマミノクロウサギ

まとめ

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島への行き方・費用・観光に必要な日数・ベストシーズン・世界遺産の内容について、解説してきました。ポイントを以下にまとめます。

 ・旅行にかかる費用は、2泊3日で5万円(繁忙期を除く)程度です。徳之島は12万円程度(繁忙期を除く)かかります。

 ・中琉球の奄美大島と徳之島(※)、沖縄島、南琉球の西表島にある5つのエリアで構成
  ※徳之島だけ2つのエリアに分かれる
 ・登録基準10「絶滅危惧種を含む生物多様性」、日本で知床に続いて2件目
 ・登録基準9はIUCNは否定、日本の自然遺産で唯一認められず

旅行することで様々な経験が出来て、人生が豊かになることでしょう。思い立ったら、興味の沸く場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

世界遺産に興味を持たれた方は、世界遺産検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。
世界遺産検定公式HP